「4輪多関節型作業機械」スパイダーMによる
災害復旧支援・特殊環境作業支援事業

スパイダーMを活用し、通常の重機では作業が難しい場所・環境下での作業支援を行っています。

スパイダースパイダー

「4輪多関節型作業機械」スパイダーM 3つの特徴

◎災害復旧支援

がれきや石を乗り越え、水中を移動し、険しい場所で作業可能で、一刻を争う災害復旧作業を行います。

スパイダー

がれき、落石などが散乱している現場でも乗り越えて行くことが出来、速やかに移動しながら救助・復旧作業が可能です。

スパイダー

土砂災害現場でも「斜面登坂能力」が発揮され、通常重機では不可能な現場でも速やかに救助・支援活動を行うことが可能です。

◎特殊環境作業

「4輪多関節型作業機械」スパイダーは脚と腕を自由に動かすことが出来、「河川内」「急勾配地」の作業も得意としています。

スパイダー

漂流木の回収や河川内の掘削等も行います。

スパイダー

急勾配地、傾斜地でも安全に作業する事が可能です。

◎伐採作業

作業路・搬入路が確保できない竹林でも伐採・搬出作業が可能、作業効率が飛躍的に向上します。

スパイダー

竹林内に侵入し、竹の伐出作業を1台で行う事が可能です。

スパイダー

「放置竹林の伐出」「放置草木の伐出」を搬入路がなくても侵入し、作業を行うことができます。

 スパイダーMは「4輪多関節型機械」と言われ、油圧駆動の4本の脚とアームを独立制御しており、「斜面」「河川内」「がれき現場」などの障害物がある険しい場所でも、まるでクモのように自由自在に移動することが出来ます。また、傾斜地でもキャビンをほぼ水平に保つことが出来、安定安全に作業を行うことが可能です。

 弊社には特別トレーニングを積んだ専任オペレーターが在籍しています。
スパイダーM、専任オペレーター、用途に合わせたアタッチメント、安全を含めた作業管理をセットにした『チームスパイダー』がご依頼の作業を担います。